ANAのプレミアムカードとは?

このプレミアムカードは、持っているだけで個人のステータスを保証するゴールドカードのさらに上をいく、ANAカードの中でも最上位クラスとなるカードです。
数あるANAカードの中でも、プレミアムカードを先行して発行したのはJCBなのです。
年会費としては、本会員が73500円、その家族は4200円とけっしてお安くはありませんが、その反面、主な特典やサービスはやはりプレミアムカードの名に恥じることはありません。
例えば、24時間に渡りコンシェルジュがサポートしてくれたり、ANAの国内線を利用する際、ANAラウンジが無料で利用できたり、さらに、入会時や毎年のカード継続で10000マイルがもらえ、またANAの飛行機に搭乗するたびに50%のボーナスマイルがもらえるのです。
各サービスの面ではそれぞれに魅力的であり、また便利でおトク感も十分といったところです。
しかし、それでも年会費の73500円は、同じANAカードであるゴールドカードの14700円からみてもかなりの高額となります。
確かに、毎年の継続で10000マイルもらえたり、ショッピングやANA航空券を購入する際にポイントやマイルが、通常の2倍もらえるとの特典があったりと、太っ腹な感じがしますが、それでも年会費の73500円を思えば、かなりショッピングをしたりANAの飛行機に乗ったりしなければ元は取れないことにもなります。
つまり、このANAのプレミアムカードとは、その程度の金額ならあまり気にならないような、社会的な地位を持った人向けのANAカードと言えるのではないでしょうか?