bフレッツ料金には定額制の他に従量制が加わって選択の数が増えました!

bフレッツは、光ファイバーを使って情報通信を行なう光回線で、NTT東日本とNTT西日本がサービスを提供しています。
光回線の通信速度はADSL回線と比べて格段に早く、場所による通信速度差もない優れた特長を持っていますが、ADSL回線より利用料金が割高なものでした。
そこで、bフレッツは多くの人に手軽に光回線を使って貰える様にと、定額制しかなかったbフレッツに従量制を設けました。
定額制はどれだけつかっても月額のbフレッツ料金が変わらない方式ですが、その分利用料金が高くなっています。
定額制ですと、またにしかインターネットを使わないユーザーには割高になってしまいます。
しかし、従量制ならば利用頻度によってbフレッツ料金が2段階に分かれます。
利用頻度が少ない場合は安い利用料で済ますことができるのです。
従量制を使ってメリットがある利用頻度の目安は、週に1回30分程度インターネットを利用する場合です。
これ以上のインターネットを使用する場合は定額制を利用した方が良いでしょう。
光ファイバー料金は?インターネット回線比較!【フレッツ光値下げ】