物件価格以外にも住宅ローンには諸費用がかかる?

新築であっても中古であっても物件を購入する時には、物件価格以外にも様々な諸費用がかかります。
これらの諸費用は、金融機関やローン内容によって異なるためあらかじめ確認しておくことが必要です。
またこれらの費用は、自己資金の中から支払うのが原則のため、物件の頭金以外に準備しておくことが必要になります。
印紙税は住宅ローンの金銭消費貸借契約を金融機関と締結する際にかかります。
1千万円以上、5千万円以下の借入額なら2万円です。
ローン事務手数料は、固定でかかるものと割合でかかるものがあり、不動産業者の提携ローンを利用する場合には、事務手数料が別途必要になる場合もあります。
住宅ローンを借りるには抵当権の設定登記が必要になり、その登録免許税は民間のローンの場合は、借入金額を元にして計算されます。
また司法書士に報酬を支払う必要もあります。
報酬は借入額によっても異なります。
その他には強制加入の火災保険料があります。
住宅ローンの減税と消費税増税は?