銀行が運営する外貨両替専門店が増えています!

銀行の外国為替の窓口で外貨両替をするのが一般的ですが、近年は大手の銀行では外国為替の窓口は輸出入取引に限定して、両替は専門の店舗で行っているケースも増加しています。
特に、米ドルとユーロ以外の通貨の両替は一般の店舗の外国為替の窓口では扱わない場合が多いようです。
外貨の両替は大きな差益が得られる反面、手間もかかりますし、急激な為替相場の変動によって損失を被る可能性もあります。
外貨の現金を保有している状態は、銀行自体が為替リスクを持っていることに他ならないからです。
外貨両替を専門に扱う店舗は、新宿、渋谷、秋葉原、丸の内などの都心にあって、多くの人が訪れる場所を選んで設置されています。
他には羽田や成田などの空港にもあって、これは伝統的に開設されている窓口です。
人員は3名程度であって、効率性の高い運営が行われています。
銀行によっては外貨両替に加えて海外旅行傷害保険の勧誘も実施しているところもあります。