カードローンを利用するデメリットにはどんなものがある?

最近はイメージも改善してきたものの、まだまだネガティブなイメージが残るカードローン。
「金利が高い」家のローンや車のローンなら担保があるので、金利もかなり低く融資を受ける事ができます。
しかし、カードローンの場合には保証人も必要なければ担保も必要ないため、どうしても金利が高くなってしまうのです。
数日間、数週間と言う短期間で返済できるならあまり影響はありませんが、数年と言う単位で融資を受け続ける場合には、この高い金利に圧迫されて利息の支払いが膨らんでしまうこともあります。
「高額での借り入れには不適切」最近ではかなり金利も低くなりましたが、それでも他の融資と比較するとカードローンの金利はどうしても高いものです。
「返済方法が業者によって異なる」融資を受けるローン会社によって、返済期日も異なりますし返済の方法も異なります。
複数のカードローンを持っている場合には、一つ一つの返済方法を覚えている事も難しかったりして、ウッカリ返済を忘れてしまう事もあるようです。
複数から借り入れている場合には、一つにまとめる事ができる「おまとめローン」などを利用して、できるだけ融資の管理がしやすいように工夫するのも良いでしょう。
りそな銀行カードローンは無職や失業中でも借りれる?【審査の口コミ】